脇見恐怖症の大学生のブログ

視線恐怖症ひいては脇見恐怖症というのをご存知ですか?
対人恐怖症の一種で、他者の視線を極端に恐れ、日常生活を送るのが困難になってしまう病気です。

ノイローゼっていうとわかってもらいやすいかも?

今日はいつものバイトとは別のバイトに行ったのですが、

はっきりいって全然うまくいきませんでした。

めっちゃ気を張っていたのでへとへとになりました…。


まあそれは置いといて、

皆さんは周りの方に、脇見恐怖症のことを説明してますか?

私はたぶん伝えてもわかってくれないだろうな~と思ってしまい、

あまり人には言ってません。

(正直に言った方がいいんですかね…)


しかし、なにかしら説明しないといけないケースってたまにありますよね。

なんで集団の中にいるといつももじもじしてるの?とか

なんで飲み会来ないの? なんで目を合わせて喋らないの?とか。


**************

そこで自分が脇見恐怖症で「人の集団がつらい」ことを伝える方法です。

あくまで、人の集団がつらいことを伝えるのがメインなので、

脇見恐怖のことは言わずに、かなりぼかした言い方で言います。


『ちょっとノイローゼ気味なので…(だから集団は苦手です)』


なぜノイローゼと表現するのか?
それは、脇見恐怖症という病気の知名度が低いこと、症状について説明しても

あまり理解されにくいイメージがあるため、あえてノイローゼという言葉を

使用してます。


ノイローゼというのは、正しい説明ではないのかもしれませんが(*1)

めちゃめちゃ有名な言葉なので、

ノイローゼというとたいていの人は

「集団が苦手なんだなー」「ストレスたまってるんだなー」

勝手に察してくれると思います。はっきりいって便利です。


あくまで私のやり方なので、絶対うまくいくという保証はないです。

使われる際は自己責任でお願いしますね。




(*1)ノイローゼは神経症のことをさしますが、範囲が広すぎるため、診察名としては

使われないそうです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。