脇見恐怖症の大学生のブログ

視線恐怖症ひいては脇見恐怖症というのをご存知ですか?
対人恐怖症の一種で、他者の視線を極端に恐れ、日常生活を送るのが困難になってしまう病気です。

メンタルクリニックに行ってきました

初めてメンタルクリニックに行ってきました。

お医者さんはおじいちゃん先生で、わりとフランクな方でした。


どんな症状が出るのかを説明しました。

あらかじめ言いたいことを、昨日のうちにパソコンにまとめておいたので、

スムーズに言えました。

私病院に行く時はいつも緊張しすぎて、いくつか言いたいことや質問を

言えないまま終わってしまい、後で後悔することが多かったので、

今回はこのような形にしました。


また、4月から大学の授業が始まるため、診断書をお願いしました。

メンタルクリニックに通院しており、授業で座席の配慮が必要なこと、

時には欠席などしてしまうかもしれないことを診断書に書いてもらいました。


病名は「社会不安障害(SAD)」とのことでした。

今は対人恐怖症というよりは、こちらの言い方をすることが多いそうです。

お医者さんは脇見恐怖症については、知ってはいるけど滅茶苦茶詳しいというわけではなさそうでした。


SDSシート(色々な症状が書かれたアンケート用紙のようなもの)

の結果では、体の不調はそこまでではなく、不安が強い傾向にあるとのことでした。


約20分間の診察で、

・診察代 約2000円(初診なので次回からはもっとお安くなるかも)

・診断書代 約3000円(お高いけど今回は仕方ない)

合計5000円かかりました。

バイトでもらったお給料から出そうと思います。


お薬については、どうする?と聞かれましたが、今回はやめておくといいました。


また、「医師による診察」と「臨床心理士によるカウンセリング」は、

行政の指導により同日にできないとのことで、

今回は診察メインでした。


次回のカウンセリングの予約をして、病院を後にしました。


【追記】

カウンセリングでは、行動認知療法をしてもらえるのか聞いてみます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。