脇見恐怖症の大学生のブログ

視線恐怖症ひいては脇見恐怖症というのをご存知ですか?
対人恐怖症の一種で、他者の視線を極端に恐れ、日常生活を送るのが困難になってしまう病気です。

カウンセリングに行ってきました(初)

みなさんカウンセリングに行かれたことはありますか?

私は行ったことなかったのですが、今回初めて行ってきました。

どんな感じだったか書いていきますね。


基本は1時間程度、臨床心理士さんと自分で1対1のお話でした。

臨床心理士さんは基本的に優しいです!


私は他人としゃべっている時に、冷たい目をされたり、意図的にこちらの話を無視・スルーされたり、嘲笑されたりなどがとても苦手です。あと嫌味を言われるのも苦手です。

しかし、臨床心理士さんはそんな態度をとることはなかったです。

落ち着いていて柔らかい感じの人でした。


ただ、優しいばかりじゃなくて、ちょっとぐさっとくることも言われた気がします。


今回は、0歳から××歳までの自分の過去について、年表のようなものを作りました。

特にプラスだった出来事やマイナスだった出来事については、それがいつ起こったのかを簡単に書き込んでいく感じです。

そして、その年表を見ながら、臨床心理士さんと対話していく感じでした。


私はあまり他人に本音を言わないタイプ(これが良いことなのか悪いことなのかひとまず置いといて、自分はこういうタイプです)なのですが、今回はカウンセラーの方に促されて、自分の本音とか普段人に言わないようなことをわりと喋りました。


あと、最近両親とうまくいっておらず、普通の会話しててもケンカになっちゃうので、

ふさぎこんでいましたが、カウンセラーの方に聞いてもらえて、気持ちがすっきりしました。


ただやっぱり昔の嫌な事とか思い出したり、自分の気持ちと向き合ったりするので、

けっこう疲れますね。途中でちょっと泣きそうになったりもしました。

(泣いてもOKだとは思いますが!)


年表の話だけで時間いっぱい使ったので、脇見恐怖症のことについてはあまり触れられませんでした。それはまた次回にしたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。